負け戦も記憶しておこう!

2018年3月19日
投稿先 競艇







競艇は数あるギャンブルの中でも、
還元率がかなり低めに設定されているギャンブルです。


その還元率の低さは、人間同士が競走しているが故の、
トラブルに起因するとも言われていますが、もう一つの理由として、
”一回の当選額が、高額になる可能性があるため” と言われています。


競艇を始めとする公営競技では、
賭け方が基本的に統一されています。


数ある賭け方の組み合わせから、
これと思うものを選んでいくわけですが、
それらが全て勝てるという見込みは当然無く、
むしろ、当選組み合わせが複雑になればなるほど、
当選額は大きくなっても、実際には、
勝てる見込みはかなり低くなります。


当然、勝負をすればするほど、勝ちが来なけれ、
負けが来てしまい、苛立ちが募ることでしょう。


ですが、次に勝ちたいと思うのであれば、
負け戦こそ記憶しておく必要があるのです。


そして、敗因について考えてみましょう。


不可抗力であったとしても、以前同じ選手で、
同じトラブルを起こし過ぎていないかどうかであったり、
有力と思われていた選手が負けた場合なら、
なぜ格下の選手に負けてしまったのか等を、総合的に分析するのです。


そうすることで、次回のリスクを避けるための材料として生まれ変わりますし、
残念ながら、負ける回数の方が通常は多くなりますので、
その都度、敗因の情報が増えると考えれば良いのです。


負け戦も次の勝利のためには必要な要素です。
そう捉えた上で、是非、負け戦を記憶してみてください。



コメントを残す